龍獅團 横浜中華学院校友会
校友会とは? リンク お問い合せ/取材窓口
実際の様子
Contents
中国獅子舞とは?
実際の様子
動画コーナー
過去の大会戦績
応援掲示板
Member contents
お知らせ
レクリエーション
OB用掲示板
杜國輝教育基金
旧暦カウントダウン2003 新暦カウントダウン2003 みなと祭り2002 双十節2001
みなと祭り2003 関帝誕2003 双十節2003 新暦カウントダウン2004
旧暦カウントダウン
春節祭2004
みなと祭り2004 関帝誕2004 双十節2004
カウントダウン2005
〜新年団拝2006
春節2006 みなと祭り2006 2006年 校友会夏祭り
パート2
2006年 双十節 2006年 大晦日 2007 春節 2007年 みなと祭り
2007 關帝誕 2007年 校友会夏祭り
パート3開催
2007年 双十節 2007年ダンスパーティー
イン ローズホテル
2007年 大晦日 2008年 みなと祭り    
みなと祭りスーパーエキシビジョン2006
南獅
双十節の熱気が街に広がっていく
早朝の中華街で、静寂の街を爆竹の音がつんざく。華やかな学生の国旗隊入場とともに双十節の幕が開けた。そのグラウンドの傍らで双十節の午後の演技プログラムにそなえ黙々とアップに励む校友生達、普段は見せない、緊張の面持ちで時間を過ごす。出番は近い。
 後半の演技プログラムの初陣[梅花椿]。オレンジ色の大旗をバックに楽器隊が太鼓やシンバル、銅鑼を激しく鳴り響かす。そしてその音で南方獅子が舞いはじめる。今回、舞台の南獅チームは若手を中心に構成されたが、なぜか、今回の梅花椿のメンバーにはクリクリ坊主が多いのは謎である。そして、南獅(踊り手 陳家祥 李彰富ペア)が鉄柱上を跳ぶ、舞う、観客がその動き一つ一つに感嘆と歓声の声をあげる。会場に勢いをつけるには十分は演技である。そして、トリを締めくくるのはご存知北方獅子、小侠の登場から軽快なリズムに乗り愛嬌たっぷりのおどけた演技で観客の心を掴む。2頭同時に玉を乗り同時にシーソーを渡る。その演技を楽器隊が盛り上げる。
 すべての演技プログラムが大歓声の中終了し、いよいよ祭の舞台は国旗があふれる街にうつる。双十節の熱気が街に広がっていく。
(文責 杜 龍剣) 
獅子 獅子
他の写真を見る
Copyright (C) 2004 YOKOHAMA OVERSEA CHINESE SCHOOL O.B ASSOCIATION  情報の無断転用を禁じます
お問合せ/取材窓口